静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

車いす駅伝、静岡県17位 京都で全国大会

(2018/3/12 07:38)
3区の市野隆さん(左)にタッチする桜井秀彦さん=11日午前、京都市上京区の烏丸下立売
3区の市野隆さん(左)にタッチする桜井秀彦さん=11日午前、京都市上京区の烏丸下立売

 第29回全国車いす駅伝競走大会(京都府、日本障がい者スポーツ協会など主催)が11日、京都市内で開かれた。23チームが参加し、本県は1時間3分33秒で昨年より5分34秒タイムを縮め、17位でゴールした。大分県代表Aチームが46分23秒で連覇を果たした。
 コースは国立京都国際会館前から西京極総合運動公園陸上競技場までの5区間21・3キロ。エース級が集まる1区で大黒柱の鈴木俊光さん(61)=東伊豆町=が力走し、勢いづけた。昨年に続き2回目の出場となった2区の桜井秀彦さん(41)=富士市=は強風の中粘り強い走りで順位を上げた。「自分の走りをしたい」と意気込んだ3区の市野隆さん(59)=同市=もベテランらしい安定した走りを見せた。アップダウンが激しく難関とされる4区を任された海野剛さん(42)は繰り上げスタートのタイムが迫る中、好走。アンカーの服部保作さん(69)=裾野市=は左肩に痛みを抱えながらも、声援を力にゴールを駆け抜けた。
 繰り上げスタートとなった昨年から大幅にタイムを縮めた。鈴木秀明監督(55)=磐田市=は「一人一人が個々の力を発揮し、チームのために頑張ってくれた」とたたえた。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト