静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

J3開幕 藤枝は長野と10日、沼津はFC東京23と11日初戦

(2018/3/9 09:02)
優勝へ「前進あるのみ」 アスルクラロ沼津
優勝へ「前進あるのみ」 アスルクラロ沼津
「魅了し勝つ」信念貫く 藤枝MYFC
「魅了し勝つ」信念貫く 藤枝MYFC

 サッカーJリーグ3部(J3)は9日に開幕する。沼津は目前で優勝を逃した昨季の雪辱を期し、藤枝は5位以内を目標に掲げる。17チームがホームアンドアウェーの2回戦総当たりで争う。初戦は藤枝が10日、ホームに長野を迎え撃ち、沼津は11日に敵地でFC東京U―23(23歳以下)と対戦する。両チームは5月3日(藤枝)と (愛鷹)にぶつかる。

 ■優勝へ「前進あるのみ」 アスルクラロ沼津
 相手に圧力をかけてボールを奪い、速攻を仕掛けて得点する。求めるのは「良い守備から良い攻撃へ」。沼津は、昨季のプレースタイルにさらなる磨きをかけて、今季の戦いに臨む。
 昨季リーグ得点ランク2位だった薗田や、右サイドからの得点を演出した中村らが移籍するなど、大幅に選手が入れ替わった。主力流出の一方で、推進力のある田中や運動量が豊富な普光院、機動力のある砂森など、それぞれに長所がある選手が加わった。新キャプテンの菅井は「新加入の選手との連携を強め、練習の質、量を上げていく」と意欲を見せる。
 現在の沼津の前身「ジュビロ沼津」で吉田監督から指導を受けた富士市出身のDF熱川は「1対1の場面で体を張り、失点を防ぐ。育った地元にも恩返ししたい」と意気込む。昨季は抜群の反射神経でスーパーセーブを連発した大西と、身長195センチの新加入GK牲川の活躍にも注目だ。
 「選手の熱い思いがピッチにあふれ出るような戦いを見せたい。全力で前に進むのみ」と吉田監督。昨季果たせなかった優勝を狙う。

 ■「魅了し勝つ」信念貫く 藤枝MYFC
 「躍動感ある藤枝のサッカーを進化させたい」。パスをつないでゴールに迫る攻撃と、「ハイプレス・ハイライン」の果敢な守備。観客を魅了するサッカーを掲げる大石監督の信念は揺るがない。
 選手の大半が入れ替わり、昨季リーグ3位50点の得点源だった枝本や遠藤も抜けた。しかし、得点感覚に優れた谷口や190センチの長身FW渡辺、相手の背後を突く動きが得意な岩渕ら個性ある攻撃陣が加入。中盤の要を担う水野は「個の力で打開できる選手が増えた」と攻撃力向上に手応えを示す。
 昨季43失点した守備陣の奮起が、上位進出に欠かせない。守護神として期待されるのが、藤枝明誠高出のGK杉本。「5位以内というチーム目標の達成に貢献したい」と地元での活躍を誓う。最終ラインには北朝鮮代表DF金聖基が加入。浜松開誠館高出のDF木下もレギュラー奪取に意欲を見せる。
 クラブスローガンは「一体感」。「見ている人が楽しく、そして勝つサッカーを見せたい」と大石監督。チーム一丸となってスタイルに磨きをかけ、過去最高の7位を上回る。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト