静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

三森(富士宮北高)入間川部屋へ 「5年以内に関取」と抱負

(2018/2/6 08:12)
入間川親方(中央左)と握手を交わし、角界での健闘を誓う三森大輔(同右)=県立富士宮北高
入間川親方(中央左)と握手を交わし、角界での健闘を誓う三森大輔(同右)=県立富士宮北高

 静岡県立富士宮北高相撲部3年の三森大輔=富士宮市=が大相撲入間川部屋への入門が決まり、5日、同校で入門発表を行った。三森は「まずは5年以内に関取に」と目標を語った。
 三森は高校1年から本格的に相撲を始めた。小中学時代はサッカーに取り組み、ゴールキーパーとして市の代表に選出された経歴を持つ。
 高校3年時の東海高校総体で個人3位に食い込んだ。現在は身長172センチ、体重105キロ。相撲部顧問の市川貴教諭は「運動神経がいい。経験が浅いので、まだまだ伸びしろがある」と期待する。
 入門発表には入間川親方(元関脇栃司)も同席。県大会を視察した際に「きっぷのいい相撲を取っている」と見いだした。「体が小さいなりの取り方がある」と成長に期待を寄せる。同部屋には、小中学校の先輩で県立富岳館高(同市)出身の宮乃富司峻も所属。三森は「既に何度か稽古に行っているが雰囲気がいい」と話す。
 同校からの角界入りは3人目。南昌明校長は「創立80周年の節目にプロを目指す生徒を輩出した。土俵上で活躍してほしい」とエールを送った。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

JリーグYBCルヴァン・カップ

◇準決勝 第2戦
横浜M 2 - 2 鹿 島 (終了)
湘 南 2 - 2 (PK5 - 4)  柏  (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト