静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ロッテ・鈴木「中2の冬が分岐点」 後輩を激励

(2018/1/11 17:04)
静岡裾野リトルシニアの選手を激励する鈴木大地=2日、沼津市
静岡裾野リトルシニアの選手を激励する鈴木大地=2日、沼津市

 プロ野球千葉ロッテマリーンズの主力として活躍する鈴木大地(28)=小山町出身=が毎年、かつて所属していた中学硬式野球チーム「静岡裾野リトルシニア」の新年初練習を訪れ、自らの経験や技術を後輩に伝え続けている。今年も「悔しさを糧に取り組んだ中2の冬練習が野球人生のターニングポイント」と話し、努力の大切さを訴えた。
 鈴木は、外野手として同チームに入団。送球の安定感を評価され、2年時の新チーム始動と同時に遊撃手に転向した。「想像以上にうまくできなかった」と述懐するように、秋の大会で失策を犯し、チームも敗退、目標の全国大会への切符を失った。
 「史上最低のショートだ」。試合後首脳陣から告げられた言葉は今でも心に残っているという。そこから「人生で一番練習した」冬の練習がスタート。一日中守備の基礎練習を徹底的に繰り返した。鈴木は「あまりの厳しさに泣きながらやっていた」と当時を振り返る。心身共に悲鳴を上げながらも「見返したい」という気持ちが支えとなって猛練習を耐え抜き、内野手としての手応えをつかんだ。
 努力が実を結び、夏は全国大会ベスト4に進出。現在ではプロの第一線で活躍するまでになったが、「内野手の基礎をたたき込まれた中2の冬練習がなかったら今の自分はない」と言い切る。
 松川良監督(46)は鈴木の入団時の印象を「体が小さく、目立たなかった。まさかプロで活躍する選手になるとは」と話す。その上で「これだけ練習した選手はいない。現役選手の目標、励みになっている」と感謝を口にした。木本圭一主将(14)は「大地さんは憧れの人。自分もいつか同じ舞台に立ちたい」と羨望(せんぼう)のまなざしを向けた。
 鈴木は「裾野シニアでプレーできたことを誇りに思う。練習は厳しいが、両親や指導者に感謝し、やって良かったと思える毎日を送ってほしい」とメッセージを送り、後輩の飛躍を願った。

 <メモ>鈴木大地の略歴 少年野球チーム北郷ファイターズ(小山町)で野球を始める。静岡裾野リトルシニアでは中学3年夏に遊撃手として全国大会ベスト4。神奈川県の桐蔭学園高に進学し、1年春からベンチ入りしたが、甲子園出場はならなかった。東洋大では1年時からレギュラー。3年時に副主将、4年で主将を務め、日本代表にも選出される。2011年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3位指名を受け入団。2年目からレギュラーに定着し、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞1回受賞。14~17年までキャプテンを務める。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト