静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

「1年目から戦力に」 ヤマハ内定の静岡高・池谷

(2017/12/15 17:50)
ヤマハ入りが内定した池谷蒼大=静岡高
ヤマハ入りが内定した池谷蒼大=静岡高

 最速144キロの威力十分の直球で三振を量産し、本県高校野球界の注目を集めた左腕池谷蒼大(静岡)が来春、社会人野球のヤマハ(浜松市)に入団することが内定した。3年後のプロ入りを見据えて地元の企業チームで心身を鍛え、技術を磨く。
 今春の選抜大会は鮮烈な印象を残した。大阪桐蔭との2回戦に先発し、初回は浮いた変化球を狙い打ちされたが、二~七回は直球のみで強力打線をねじ伏せた。豪快な真っ向勝負は甲子園を大いに沸かせた。だが池谷は「力のなさを実感した」と振り返る。冬に腰と肘を痛め、十分な投げ込みができないまま迎えた本番で、自身の未熟さを思い知らされた。
 万全で臨んだはずの今夏の静岡大会は、アクシデントに見舞われた。藤枝明誠との準決勝。初回の打席に立った池谷は遊飛に倒れた際、左手の親指付け根を捻挫し、握力が効かなくなった。負傷を隠し、激痛に耐えながら投げ続けたが精彩を欠き、敗退した。
 高校での悔しさを晴らすべく、3年後の飛躍を期す。野球に集中できる環境で、よりプロに近い道を、と大学より社会人を選んだ。「球威、球質、制球、すべてでレベルアップが必要」と謙虚に課題を受け止める。憧れの菊池(西武)のような力強い直球にこだわり、変化球の精度や投球術にも磨きを掛けるつもりだ。ヤマハの左腕九谷の抜群の制球力も「見習いたい」。
 浜松市出身の池谷にとって、ヤマハは愛着がある。小学生のころ、ヤマハ主催の野球教室に参加した思い出もある。「会社、チームに全力で貢献する。1年目から少しでも戦力になりたい」。地元の期待に応え、チームに信頼されるために、努力を重ねる。

静岡スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

明治安田J1

◇第17節 1回戦
G大阪 1 - 2 清 水 (終了)
札 幌 0 - 0 磐 田 (終了)
名古屋 0 - 0 広 島 (終了)
神 戸 0 - 3 湘 南 (終了)
鹿 島 6 - 2  柏  (終了)
F東京 5 - 2 横浜M (終了)
川 崎 1 - 0 長 崎 (終了)
C大阪 1 - 1 浦 和 (終了)
鳥 栖 0 - 1 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト