静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

静岡、堂々の3位 愛媛国体・バスケット少年男子

(2017/10/4 08:52)
バスケットボール少年男子準決勝 静岡-福岡 第1クオーター、静岡の関屋(右)がドライブからゴールを狙う=愛媛・鬼北総合公園体育館
バスケットボール少年男子準決勝 静岡-福岡 第1クオーター、静岡の関屋(右)がドライブからゴールを狙う=愛媛・鬼北総合公園体育館

 ■バスケット(今治市営中央体育館ほか)
 ▽成年女子3回戦
 栃木(白鷗大) 82(26―20 19―12 22―17 15―18)67 静岡(選抜)

 ▽少年男子準決勝
 福岡(選抜) 62(18―13 14―16 17―16 13―13)58 静岡(選抜)

 ■「タレント軍団」 福岡追い詰める
 全国屈指のタレント軍団を追い詰めた。バスケットボール少年男子の静岡は準決勝で福岡に47-59の第4クオーター終盤に1点差まで迫った。
 相手は昨年高校2冠の福岡第一と、今夏の全国総体を制した福岡大大濠の混成チーム。9月の福岡遠征の練習試合では手応えがあったが、本番は立ち上がりに圧倒され開始3分半で0-15とされた。
 だが、諦めなかった。突破口を開いたのは福岡出身の関屋(飛龍高)。「地元には負けたくない。周りが消極的だったのでどんどん攻めた」。果敢にドライブを仕掛け流れを変えた。第2クオーター中盤に一度は逆転。第3クオーターも互角に渡り合った。
 終盤は伊東主将(飛龍高)、ダシルバ(浜松学院高)の3点シュートなどで猛追した。ダシルバは「静岡は有力選手が(各高校に)分散しているので、国体は優勝したかった」と悔しがったが、堂々の3位だ。4強の京都、宮城、福岡はいずれも過去2年間に全国大会の決勝に進んだ強豪校の選手が大半の中、「オール静岡」で存在感を示した。

静岡スポーツの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト