静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ヤマハ、準決勝進出 社会人野球静岡大会1次リーグ

(2017/4/7 08:17)
東海理化―ヤマハ 6回裏ヤマハ2死二、三塁、羽山が2点適時三塁打を放ち同点とする=浜松球場
東海理化―ヤマハ 6回裏ヤマハ2死二、三塁、羽山が2点適時三塁打を放ち同点とする=浜松球場

 第64回全国社会人野球静岡大会第4日は6日、浜松、清水庵原両球場で1次リーグ6試合を行った。B組のヤマハは東海理化を6-3で下して2勝目を挙げ、5大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。大会最終日の7日は浜松球場で準決勝、決勝を行う。(7日午前9時半追記:準決勝、決勝は雨のため8日に順延されました)(8日午前9時半追記:準決勝、決勝は雨のため9日に順延されました)

 ▽1次リーグB組
 東海理化(1勝2敗)
 000300000―3
 01000320×―6
 ヤマハ(2勝1敗)

 【評】ヤマハは羽山の3打点の活躍などで東海理化を退けた。
 ヤマハは二回、羽山の適時打で先行したが、四回に先発栗林がつかまり2点のリードを許した。六回、佐藤の中前打と萩原圭の右越え二塁打で2死二、三塁と攻め、羽山の2点三塁打で同点。さらに敵失で羽山が生還し、勝ち越した。五回に救援した九谷が5回を3安打無失点に抑えた。

静岡スポーツの記事一覧

ロード中 関連記事を取得中...

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト