静岡新聞SPORTS

ボクシング計時ミスでJBC処分 1ラウンド4分行う

(2019/2/18 17:57)

 日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、昨年の東洋太平洋バンタム級王座決定戦12回戦で計時ミスがあったとして、関係者の処分を発表した。浦谷信彰本部事務局長を厳重注意、試合を担当した小池幸弘スーパーバイザーを謹慎、越島二朗タイムキーパーをライセンスの無期限停止とした。
 問題があったのは12月24日に大阪市の住吉区民センターで行われたストロング小林佑樹(六島)―栗原慶太(一力)。規定で1分のインターバルを、5回終了後に1分16秒、6回終了後には2分2秒取っていた。6回には、規定3分のラウンドを、4分も続行していた。

全国・海外スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト