静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

村田諒太にゴロフキン戦の可能性 「タイトルなくても価値」

(2018/9/20 22:00)

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太が所属する帝拳ジムの本田明彦会長は20日、都内で取材に応じ、15日のミドル級世界戦でサウル・アルバレス(メキシコ)に判定負けした元世界主要3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と、村田が来年にも対戦する可能性が残っていると明らかにした。
 村田は10月20日に敵地で行われる2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)と闘い、その後は両者の対戦が計画されていた。ゴロフキンが王座から陥落したことで頓挫したとみられたが、本田会長は「ゴロフキンが挑戦者でもいい。彼はタイトルがなくても価値がある」と話した。

全国・海外スポーツの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・

天皇杯

◇決勝
浦 和 1 - 0 仙 台 (終了)
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト