静岡新聞SPORTS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

大谷を「医療スタッフは楽観視」 エンゼルス監督、治療経過に

(2018/6/19 10:31)
試合前、取材に応じるエンゼルスのソーシア監督=アナハイム(共同)
試合前、取材に応じるエンゼルスのソーシア監督=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのソーシア監督は18日、右肘の内側側副靱帯損傷で故障者リスト(DL)に入っている大谷翔平の現状に「医療スタッフはとても楽観視している。治療後の経過を」と語った。
 DL入りは長期遠征の初日の8日だった。久しぶりに本拠地に戻り、大谷と会話したという監督は「最初はがっかりしていたようだが、1週間治療を受けて今では(リハビリの)過程をよく理解できている」と説明。今後には「2、3週間後に再検査したときにより正確な状態が分かる。一歩ずつ取り組んでいく」と話すにとどめた。
 大谷は7日、組織の再生などを図る注射による治療を受けた。

大リーグの記事一覧

スポーツアクセスランキング

  • 読み込み中です・・・
試合がありません
こどもみらいプロジェクト「おやこアットエス」
静岡新聞SBSスクープ投稿
静岡新聞モバイルサイト