<SBS杯サッカー第2日>チリがPK戦制す

(2017/8/12 08:18)
U―18チリ―U―18チェコ 後半19分、シュートを放つU―18チリのゲラ(左)=エコパスタジアム

 U-18チリ代表(5) 1(0―0 1―1)1 U-18チェコ代表(4)
 (PK4―2)
 ▽得点者【チリ】ゲラ(なし)【チェコ】イアン(パトリック)

 【評】チリがPK戦でチェコを下した。
 チリは中盤の攻防を制して優位に進めた。後半19分、右サイドを突破したモラレスからの低いクロスを中央のゲラが押し込んだ。
 チェコはカウンター狙いで好機をうかがった。後半39分、左クロスをイアンが頭で合わせて追い付いた。
 PK戦はチェコの3、4人目が失敗。チリが4―2で制した。

 ■ボール支配高かった U―18チリ代表エクトル・ロブレス監督
 チェコよりボール支配は高かった。目指すサッカーとは違ったが、(勝利のため)目的を遂行した。静岡はとてもいいポゼッションサッカーをしている。最終戦は素晴らしい試合になるだろう。

 ■守備固め早い攻撃に U―18チェコ代表コゼル・ルボシュ監督
 チリは速く、ボールもキープできる。守備を固め、ボールを奪ったら早い攻撃を仕掛けることを狙っていた。先制されて選手は落胆していたが、初戦に続いて交代選手に助けられた。

「SBSカップ国際ユースサッカー」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'