不完全燃焼の大島僚太 サッカーW杯、4年後へ再スタート

(2018/7/3 17:00)

 【ロストフナドヌー(ロシア)=静岡新聞社特派員・岡田拓也】大島僚太選手(J1川崎フロンターレ、静岡学園高出)は、ベンチで日本の敗退を告げる笛を聞いた。何もできないまま終わった初めてのW杯。「特に何もない」。目の前で必死に戦った仲間たちの前で、敗退の悔しさすら語ることができなかった。
 W杯のピッチは近いようで遠かった。西野朗監督就任直後の2試合は先発出場。しかし、憧れのピッチには一度も立てず「これが実力。練習をするしかない」。世界との差は「ピッチに立っていないので分からない」。不完全燃焼でロシアを去る。
 ベルギー戦で先発したJリーグ勢は昌子源選手(J1鹿島)の1人だけ。厳しい海外クラブでしのぎを削る選手がほとんどだった。ただ、大島選手は「自分の環境を言い訳にしたくない」と言い切る。ピッチへの憧れをさらに強くし、4年後に向け再スタートを切る。

「W杯静岡県勢/静岡新聞特派員記事」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'