男子走り幅跳び、北川(清水六)4位入賞 全国中学校体育大会

(2018/8/22 08:24)
男子走り幅跳び決勝 4回目の跳躍で6メートル84をマークする北川凱(清水六)=岡山市のシティライトスタジアム

 男子走り幅跳びは、3年の北川(清水六)が4回目に6メートル84(追い風参考)をマークして4位入賞を果たした。北川は「リラックスして跳べた。満足できる結果」と晴れやかな表情を浮かべた。
 走り幅跳びを始めたのは中2になってから。当初は「全中出場なんて考えていなかった」というが、メキメキと実力をつけ、わずか1年で頭角を現した。「スピードやジャンプ力をアップさせるため、自分でメニューを考えながら練習した」と胸を張る。
 「踏み切ったときに風を切る感じが気持ちいい」と、競技を楽しむ姿勢を大切にしている。高校での躍進に向け、「完璧なフォームを追求し、高2で8メートルを跳ぶのが目標」と力強く語った。

「学生スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'