城南静岡、団体初出場「銀」 全国高校総体・新体操女子

(2018/8/13 08:12)
新体操女子団体準優勝した城南静岡の演技=草薙このはなアリーナ

 新体操女子団体の城南静岡をたたえる拍手が鳴りやまなかった。観客席を見上げれば、お世話になった人の笑顔があふれていた。「この光景を見るためにやってきたんだな」と3年大野。念願だった地元総体で堂々の2位に入った。
 メンバーは、小学生の時から同じクラブに通った間柄。静岡で開催される全国総体を目指し、全員が城南静岡へ進んだ。まず奈良岡主将、大野ら現3年が入学し、新体操部を創部した。しかし、同級生1人が退部。昨年は5人そろわず、団体に出場できなかった。「どう頑張っていくか悩んだ」と大野。奈良岡も「練習に身が入らない時期もあった」と振り返る。
 岩崎ら1年生が入学しても、チームは未成熟。個々の実力差もばらばらだった。岡本監督は「私の方がくじけそうになったこともある」と言うが、主将を中心に演技を磨いた。全体練習後、選手だけで市内の体育館を予約して練習した。
 「長くて大変だったが、全てはこの日のためにやってきた」と奈良岡。困難を乗り越えて輝いた選手たちは「今できる最大限の演技ができた」と声をそろえた。

「学生スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'