三遠、新加入6選手会見 ハードワークに手応え

(2018/8/30 08:14)
新シーズンに向けて意欲を見せる新加入選手ら=愛知県豊橋市役所

 バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)の三遠は29日、新加入選手の入団会見を愛知県豊橋市役所で開いた。滋賀から加わった長谷川智伸ら新加入選手6人や就任3年目の藤田弘輝ヘッドコーチらが2018―19シーズンに向けて意気込みを語った。
 このほかの新加入選手はプロ1年目の寺園脩斗、島根から移籍した渡辺翔太、福島から移った菅野翔太、米ウィチタ州立大出身のシャキール・モリス、スペインやフランスのリーグなどで活躍してきたウィリアム・マクドナルド。藤田ヘッドコーチは「ハードワークができるチームで、練習をしていて手応えを感じている。さらにステップアップをしたい」と決意を述べた。
 昨季は中地区6チーム中4位でチャンピオンシップ出場を逃した。北郷謙二郎社長は「新加入選手はそれぞれ特徴があり、若さとエネルギーをチームに与えている。昨季の悔しい思いを晴らしたい」と誓った。鹿毛誠一郎ゼネラルマネジャーは「勢いのあるチームを目指している。勝負どころで力を発揮できる選手が集まった」と期待した。
 Bリーグは10月4日に開幕。三遠は6日に豊橋市総合体育館で京都との開幕戦を迎える。県内での初戦は12月22日に浜松アリーナで行われる富山戦。そのほか、同アリーナで5試合を予定している。

「三遠ネオフェニックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'