藤枝、YS横浜とドロー J3リーグ第19節

(2018/7/22 08:08)
藤枝-富山 後半、藤枝の大竹(右から2人目)のシュートは相手DFに阻まれる=藤枝総合運動公園サッカー場

 明治安田J3リーグは21日、各地で第19節の5試合が行われ、藤枝は富山と0―0で引き分けた。

 (2)藤枝サ(富山1勝1分け)▽観衆1263人
 藤枝 6勝3分け8敗(21) 0(0―0 0―0)0 富山 6勝2分け10敗(20)

 ■藤枝、粘り強く守る
 富山の猛攻をしのぎ、藤枝が6試合ぶりの無失点で引き分けに持ち込んだ。自陣に押し込まれ14本のシュートを浴びたが、粘り強く守り切った。
 富山のロングボールにてこずり、速攻からピンチを招いた。だが、前半終了間際にGK杉本が2本連続で好セーブを見せ、最終ラインも最後まで集中力を保った。養父は「無失点に抑えたのは収穫だが、こういう試合を勝ち切らないと」と唇をかんだ。攻撃面はシュート5本と物足りなかった。
 J3は約1カ月の中断期間に入る。「得点力と攻守の切り替えの速さを強化する」と大石監督。12試合ぶりにフル出場した越智は「けがの主力が戻り、競争も厳しくなる」と話す。秋以降は力強さを増したチームをサポーターに見せたい。

「藤枝MYFC」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'