常葉大菊川が完封勝ち、3回戦へ 全国高校野球選手権大会

(2018/8/14 14:12)
常葉大菊川―日南学園 3回裏常葉大菊川2死三塁、鈴木琳央選手が左前に先制打を放つ=甲子園球場

 第100回全国高校野球選手権大会第10日は14日、甲子園球場で2回戦を行った。第1試合で日南学園(宮崎)と対戦した本県代表の常葉大菊川は3―0で完封勝ちし、3回戦に進んだ。
 常葉大菊川は三回、奈良間大己選手が左中間二塁打を放ち、鈴木琳央選手の左前適時打で1点を先制。六回は2死から榛村大吾選手の左中間三塁打で好機をつくり、代打の岡田竜汰選手が三遊間への内野安打で1点を追加した。八回にも1死三塁から伊藤勝仁選手の右前適時打で点差を広げた。
 主戦の漢人友也選手はテンポ良く丁寧にコースに投げ分け、相手打線を打たせて取った。守備陣も四つの併殺を奪い、相手に流れを渡さなかった。

 ▽2回戦(9時34分、41000人)
日南学園(宮崎)
000000000―0
00100101×―3
常葉大菊川
(南)辰己―蓑尾
(菊)漢人―根来

「高校野球しずおか」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'