<静岡県市町駅伝>函南町チームが合同練習 目指すは町の部連覇

(2018/8/10 09:05)
仁科町長から激励を受ける候補選手=函南町のかんなみスポーツ公園(写真の一部を加工しています)

 静岡市で12月1日に開かれる県市町対抗駅伝(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催)の函南町チームは8日、合同練習会を同町のかんなみスポーツ公園で行った。仁科喜世志町長が候補選手を激励した。
 練習冒頭、山辺義彦教育長とともに訪れた仁科町長が「選手の練習に取り組む姿勢を見て、大変心強く思う。一人一人目標を持って取り組んでほしい」と語りかけた。
 候補選手は公募や推薦で集まった小学生から一般までの69人。6月から週2回練習を行ってきた。記録会などを経て9月末に登録メンバー21人に絞り込む。
 昨年4度目の町の部優勝を果たした同チーム。今年は特に小中学生の戦力が充実しているといい、初の連覇を目指す。前回主将を務めた石井俊也さん(46)は「応援してくれる人たちの期待に応えられるよう頑張りたい」と話した。

「2018」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'