東海大翔洋、胸張り凱旋 校長らにV報告 静岡県中学選抜野球

(2018/3/5 08:18)
村上英治校長に優勝を報告する選手=4日午後、静岡市清水区の東海大静岡翔洋中

 4日に決勝が行われたしんきんカップ第48回県中学選抜野球大会(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)で4年ぶり7度目の優勝を決めた東海大静岡翔洋中野球部は同日夕、静岡市清水区の同校に胸を張って凱旋(がいせん)した。
 選手が到着すると、村上英治校長や野球部父母会のメンバーら関係者が温かい拍手で出迎えた。選手は晴れやかな表情で整列し、石上賢真主将が「目指してきた打ち勝つ野球ができた」と優勝を報告した。村上校長は「途中の2連続の延長戦を強い精神力で粘り強く勝ち抜いたことに優勝の価値がある」とナインをたたえた。
 父母会の落合重明会長は「5試合とも良い試合を見せてもらった。今回の優勝は目標の全国制覇に向けた第一歩。父母会全員でバックアップしていく」とエールを送った。弓桁義雄監督も「これからが勝負。勝ちを自信にして、全国制覇に向け頑張っていこう」と語った。

「中学野球しずおか」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'