渡辺、男子ケイリン優勝 自転車・全日本選手権トラック

(2018/9/9 10:02)
男子ケイリンを制した渡辺一成=伊豆ベロドローム

 自転車の全日本選手権トラック種目第1日は8日、伊豆市の伊豆ベロドロームで行われ、男子ケイリンは2008年北京五輪から3大会連続五輪出場の渡辺一成(日本競輪選手会)が3連覇した15年以来の優勝を果たした。同4000メートル個人追い抜きは予選で日本新記録を出した窪木一茂(ブリヂストン)が3年ぶりに制した。
 女子は3000メートル個人追い抜きで梶原悠未(筑波大)が2連覇。梶原は橋本優弥(鹿屋体大)と組んで臨んだ20年東京五輪新種目のマディソンも制した。ケイリンは太田りゆ(ブリヂストン)が初優勝した。
 同時開催されている障害者による日本パラサイクリング選手権では、10月6日開幕のジャカルタ・アジアパラ大会代表の野口佳子(ウェルパーク、掛川市出身)が、女子500メートルタイムトライアルと男女混合の3000メートル個人追い抜き(ともに運動機能障害)の2種目を制した。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'