福井国体、9日から会期前競技 競泳、望月と松本のV期待

(2018/9/8 08:07)

 福井国体は29日の総合開会式に先立ち、会期前競技が9日のビーチバレーボールから始まる。静岡県選手団が出場する水泳は、10日のアーティスティックスイミング(AS)が石川県金沢市で始まる。オープンウオータースイミング(OWS)は12日から若狭町で、競泳と飛び込みは15~17日に敦賀市などで開催。クレー射撃は13~17日に勝山市で実施する。
 ASの少年女子は中森真麻(城南静岡高、中森AC)と松本杏梨(城南静岡高、中森AC)、OWSでは昨年の愛媛国体で成年男子12位だった柚木穣(中京大、飛龍高出)と成年女子の岡村瞳(日大、日大三島高出)がそれぞれ8位以内の入賞を目指す。
 競泳の成年男子は、2016年リオデジャネイロ五輪を経験した100メートル背泳ぎの長谷川純矢(ミキハウス、島田高出)や100メートル平泳ぎの藤森太将(木下グループホールディングス、飛龍高出)らが出場する。成年女子は県選手権の400メートル自由形で大会新記録を樹立した望月絹子(神奈川大、清水桜が丘高出)の優勝に期待が集まる。
 少年男子Aは全国高校総体の200メートルと400メートル個人メドレーで2冠を達成した松本周也(伊東高、伊東SS)が、400メートル個人メドレーで優勝に射程圏内。飛び込みの成年男子は萩田拓馬(静岡ビル保善)が2年ぶりの王座奪還を狙う。
 クレー射撃の成年男子は選手6人で構成する。10度以上の国体出場経験がある3人を軸に、総合8位以内を視野に入れる。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'