女子走り高跳び、大滝(浜松西高)自己新 陸上・静岡県選手権

(2018/7/15 08:57)
女子走り高跳び 1メートル74の自己新で優勝した大滝佐和(浜松西高)=草薙陸上競技場

 女子走り高跳びは大滝(浜松西高)が躍動した。1メートル74に成功して1年ぶりに自己記録(1メートル71)を更新し、全国高校総体に弾みを付けた。
 自己タイの1メートル71を2回目でクリアしたものの、1メートル74は2回連続で失敗した。後がない3回目は助走のスタート位置を後方に修正し、力強い踏み切りで鮮やかにバーを跳び越えた。「やっとだ」。昨年の県選手権以来、自分に立ちはだかっていた壁を打ち破った。
 続く1メートル77を失敗し、県高校記録(1メートル76)の更新はお預け。それでも「3回目(の試技)は背中辺りまでは跳べていたので、チャンスはある」と感触は悪くない。確かな手応えを得たジャンパーが、全国の表彰台を狙う。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'