池田さん(島田一中)、大相撲・高田川部屋に入門

(2018/2/15 08:50)
高田川親方(左)と握手する池田純也さん=14日午後、島田市の島田一中

 島田市立島田一中の池田純也さん(3年)が大相撲高田川部屋に入門することになり、14日、同校で壮行会が開かれた。高田川親方(元関脇安芸乃島)が見守る中、池田さんは「夢に抱いていた相撲界でこれから頑張る。厳しい稽古に耐えていきたい」と誓った。
 池田さんは島根県で生まれ育ち、小学校卒業と同時に父和行さん(47)の故郷島田市に移り住んだ。
 角界に憧れるようになったのは野球少年だった小学3年生ごろ。「力士のダイナミックにぶつかり合う姿をテレビで見た」のがきっかけだった。中学に入ると、母典子さんがインターネットで相撲部屋を検索。相撲経験のない池田さんは夏休みなどを利用して高田川部屋にこれまで5回ほど体験入門し、角界入りを決めた。
 身長173センチ、体重120キロのがっちりとした体格。池田さんは「まずは幕内を目指す。できるだけ早く上がりたい」と目標を語り、東京都江東区の同部屋に向かった。高田川親方は「力士になって一生懸命頑張ろうという気持ちが伝わってくる。焦らず、ゆっくり成長して」と話した。
 壮行会では3年生約140人が合唱でエールを送った。高田川親方の講演も行われた。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'