静岡、初戦で愛媛下す 愛媛国体・バレーボール成年男子

(2017/10/7 08:16)
バレーボール成年男子1回戦 静岡-愛媛 第3セット、静岡の佐野(右)がスパイクを決める=愛媛県八幡浜市の八幡浜市民スポーツセンター

 2年ぶりの頂点を目指すバレーボール成年男子は愛媛に第1セットを奪われた後、3セット連取して辛くも勝利。“敵地”の雰囲気を力ではね返した。
 東レでレギュラーの座を狙う2人が勝負どころで存在感を放った。第2セットから入ったウイングスパイカーの佐野は「攻撃力で貢献したい」とストレートの強打を決め、着実にサイドアウトを重ねた。篠田監督は「愛媛の守備が予想以上に良かった。佐野がいなかったら負けていたかも」と活躍を評価する。
 今大会の主将を務める黒木は攻守で貢献。第4セットは23―23から連続ブロックで勝利を決めた。「国体は自分をアピールする場。これからは1セットも失わないつもりで戦う」と気を引き締めた。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'