日本、飯塚ら男子400リレー決勝へ 世界陸上第9日

(2017/8/12 22:49)
男子400メートルリレーで決勝進出を決め、笑顔の(左から)桐生、ケンブリッジ、飯塚、多田=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】陸上の世界選手権第9日は12日、ロンドンで行われ、男子の400メートルリレー予選で多田修平(関学大)飯塚翔太(ミズノ、藤枝明誠高出)桐生祥秀(東洋大)ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の日本は38秒21の1組3着で同日の決勝に進出した。米国が37秒70で1着、英国が37秒76で2着。ウサイン・ボルトが第4走者のジャマイカは37秒95の2組1着で突破した。日本のタイムは全体の6番目だった。
 1600メートルリレー予選2組で佐藤拳太郎(富士通)金丸祐三(大塚製薬)木村和史(四電工)堀井浩介(住友電工)の日本は3分7秒29の8着で決勝に進めなかった。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'