世界陸上マラソンに安藤と清田(スズキ浜松AC)

(2017/3/18 09:02)
世界陸上選手権のマラソン代表に決まり、笑顔で記者会見する安藤友香=17日午後、東京都内

 日本陸連は17日、世界選手権(8月・ロンドン)のマラソン代表計6人を発表し、女子は初マラソンだった名古屋ウィメンズで日本歴代4位の2時間21分36秒を出して2位に入った23歳の安藤友香(スズキ浜松AC)、男子は東京マラソンで2時間8分22秒をマークし日本勢最高の8位となった24歳の井上大仁(MHPS)らが名を連ねた。2人とも初出場となる。同日の理事会で決めた。
 他に男子は2時間9分11秒で福岡国際3位となった30歳の川内優輝(埼玉県庁)、2時間9分32秒で別府大分毎日を制したロンドン五輪6位の34歳、中本健太郎(安川電機)がともに13年大会以来3度目の代表入り。
 女子は大阪国際優勝で29歳の重友梨佐(天満屋)が2大会連続で、名古屋ウィメンズ3位で23歳の清田真央(スズキ浜松AC)は初めて選ばれた。
 レースは男女とも8月6日。

 ■安藤「力を出し切る」 スズキ浜松AC
 ただ一人日本陸連の派遣設定記録を突破して代表入りした女子の安藤は東京都内で記者会見し、「積極的な走りができれば結果やタイムはついてくる。一番は自分の力を出し切ること」と初の大舞台を見据えた。
 16日に23歳になったばかり。女子マラソンは日本の「お家芸」とされてきたが、近年は国際大会で好結果が出ていない。「自分がここで飛び出して、引っ張っていけたらという気持ちはある」と意欲を示した。
 チームメートの清田も代表に選出された。「負けたくない」と対抗心を燃やしながらも「心強い。切磋琢磨(せっさたくま)して世界と勝負できたら」と笑った。

「静岡スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'