バド、永原・松本組らが2回戦へ ジャパン・オープン

(2018/9/12 19:33)
女子ダブルス1回戦でロシアペアを破った永原(右)、松本組=武蔵野の森総合スポーツプラザ

 バドミントンのジャパン・オープンは12日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで男女のダブルス1回戦が行われ、女子で世界選手権を制した永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)がロシアのペアを2―0で下し、2回戦へ進んだ。世界選手権銅メダルの米元小春、田中志穂組(北都銀行)は中国ペアにストレートで屈した。
 男子で世界選手権銀メダルの園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)はインドのペアに、保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)は第4シードの中国ペアに快勝して2回戦進出。昨年大会準優勝の井上拓斗、金子祐樹組(日本ユニシス)は中国ペアに逆転負けした。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'