Sクライミング、野口が準決勝へ 世界選手権

(2018/9/11 23:06)
女子ボルダリング予選の野口啓代=インスブルック(共同)

 【インスブルック共同】スポーツクライミングの世界選手権第5日は11日、インスブルックで女子ボルダリングの予選が行われ、ジャカルタ・アジア大会複合金メダルの野口啓代(TEAM au)は5課題のうち4完登をマークしてA組でトップとなり、20人で争う準決勝に進出した。
 今季のワールドカップ(W杯)ボルダリング総合優勝の野中生萌(TEAM au)は3完登してB組2位で予選突破。14日に準決勝、決勝が行われる。
 リードで4位だった小武芽生(エスエスケイフーズ)はA組で1完登にとどまり敗退した。リードを制したジェシカ・ピルツ(オーストリア)や同2位のヤンヤ・ガルンブレト(スロベニア)も準決勝に勝ち進んだ。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'