セーリング吉田・吉岡組5位発進 江の島でW杯開幕

(2018/9/11 17:52)
女子470級に出場した吉田(右)、吉岡組=神奈川県江の島沖

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会は11日、神奈川県江の島ヨットハーバー沖で開幕し、世界選手権で日本女子として初優勝した470級の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が2レースを終えて5位につけた。
 男子470級は2レースを終え、岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が首位で、アジア大会優勝の磯崎哲也(エス・ピー・ネットワーク)高柳彬(日本経大)組は4位だった。
 女子レーザーラジアル級でアジア大会覇者の土居愛実(アビーム)は2レースを終えて29位と出遅れた。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'