バスケ男子W杯代表候補に八村ら アジア1次予選

(2018/6/11 17:07)
バスケットボールの男子W杯アジア1次予選を前に、記者会見する八村塁(中央)。左はファジーカス・ニック=11日、東京都港区

 日本バスケットボール協会は11日、男子の2019年ワールドカップ(W杯)アジア1次予選のオーストラリア戦(29日・千葉ポートアリーナ)と台湾戦(7月2日・台湾)の日本代表候補24人を発表し、米ゴンザガ大の八村塁や日本国籍を取得したBリーグ初代得点王のファジーカス・ニック(川崎)らが選出され、米プロNBAを目指している渡辺雄太も名を連ねた。
 日本はB組で現在4戦全敗の4位と1次予選敗退の危機にある。東京都内で会見に臨んだ身長203センチの八村は「自分の国が負けているのを見てうれしいわけはない。自分が力になれればいい」と意気込んだ。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'