南北合同チームは1、2競技か アジア大会で韓国と北朝鮮

(2018/5/14 21:11)

 【ソウル共同】聯合ニュースは14日、今夏のジャカルタ・アジア大会で韓国と北朝鮮による南北合同チームの結成が、カヌーを含む1、2競技になる見通しだと報じた。大韓体育会の李起興会長が、13日にアジア・オリンピック評議会(OCA)のアハマド会長とスイスで会談。選手のエントリー数を増やさずに済む競技で結成を進めることで合意したという。
 14日に韓国に帰国した李会長は「開会式では韓国と北朝鮮の選手団100人ずつが、統一旗をもって合同行進する」とも述べた。
 南北首脳会談で「板門店宣言」に国際競技への共同出場が盛り込まれ、アジア大会では7競技の可能性が指摘されていた。

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'