世界体操アンバサダーに塚原氏 鉄棒の月面宙返りを発案

(2018/3/26 20:46)

 国際体操連盟は26日、体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)の大会アンバサダーに3度の五輪で金メダル5個を獲得し、五輪で2連覇した鉄棒の「月面宙返り」発案で有名な日本体操協会副会長の塚原光男氏が決まったと発表した。
 塚原氏は体操ニッポン黄金時代に1968年メキシコ、72年ミュンヘン、76年モントリオールの五輪3大会に出場し、団体総合で世界選手権と合わせた日本の10連覇に貢献した。元五輪女子金メダリストのスベトラーナ・ボギンスカヤさん(ベラルーシ)も起用する。
 昨年の世界選手権ではモントリオール五輪個人総合女王のナディア・コマネチさんが務めた。(共同)

「全国・海外スポーツ」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

スポーツ記事アクセスランキング

    スポーツ特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      主要カテゴリ

      カテゴリー'