恋するリゾット、静大生考案 山梨缶詰(静岡)と開発

(2018/11/6 07:28)
「恋するリゾット」を試食する石井潔学長=5日午後、静岡大

 学生目線で商品を考案する静岡大のサークル「静大FooD(フード)」と静岡市清水区の山梨缶詰が共同開発したレトルト食品「恋するリゾット」が完成し、同市駿河区の同大で5日、石井潔学長との試食会が開かれた。
 恋する人をターゲットに、トマトで情熱的な両思いを表現した「ラブラブな恋」リゾット、疲労回復に効果的なカボチャで元気を出し片思いの相手を振り向かせるという思いを込めた「メロメロな恋」リゾット、栄養豊富なホウレンソウで自分磨きを目指す「キラキラな恋」リゾットの3種類を考案。2017年5月から同社と約30回の試作を重ねた。3種類とも150キロカロリー以下で、健康志向の学生でも気軽に食べられるよう工夫した。
 石井学長は「おいしいし、アイデアも若者らしい」と感心した様子。静大フード代表で、農学部3年の女子学生(20)は「学生が明日も頑張ろうと思える商品を目指した」と笑顔で語った。
 1食248円(税込み)で同大学生協で販売するほか、17、18両日の大学祭で1日30食限定販売する予定。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'