静岡イチゴ味がソフトで1位に 高速SA総選挙

(2018/11/3 07:48)

 日本自動車連盟(JAF)中部本部などはこのほど、中部圏など10県の高速道路サービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)で販売されているご当地ソフトクリーム38種が対象の「ソフトクリーム総選挙2018」の結果を発表した。新東名上りのネオパーサ静岡(静岡市葵区)で販売する「静岡いちごソフトクリーム」が1位を獲得した。
 本県産イチゴを盛りつけイチゴソースを掛けたソフトクリームに、投票者から「イチゴの酸味がソフトクリームの甘さにマッチしている」などの声が寄せられた。2位は東名上り上郷SA(愛知県)のしゃちほこソフトが受賞。3位は、新東名下り掛川PA(掛川市)の掛川ジャージー牛乳ソフトと、地元のお茶を練り込んだ掛川茶ジャージーミックスソフトが選ばれた。
 8~9月にJAFのウェブサイトや雑誌、店頭などで投票を呼び掛け、計730票が寄せられた。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'