下田「アロエの花まつり」中止決定 台風で株の3割被害

(2018/10/25 08:08)
夏の台風接近で、多くのアロエが被害を受けた海岸沿い。恒例の「アロエの花まつり」は中止が決まった=24日午後、下田市

 下田市の伊豆白浜観光協会は24日までに、今冬の「アロエの花まつり」の中止を決めた。7月に相次いだ台風接近で、多くの株が被害に遭ったため。観光協会は「アロエを植え直し、2019年度のまつりに備えたい」としている。
 同市白浜の海岸沿いの遊歩道約500メートル周辺に、3万株のアロエが群生する。伊豆の真っ青な海と朱色の花のコントラストが最大の見どころで、開花する12月上旬から1月中旬にかけて恒例の花まつりを開催。特売所でアロエ製品や特産のサンマずしなどを販売するとともに、地魚鍋や餅を無料サービスしてきた。
 今年は全体の約3割の株が台風で倒れたり流失したりする被害を受け、「まつりを開く規模の花が咲かない見通しになった」という。遊歩道も一部損壊したが、管理者の市は総延長36・5メートルの修復工事を11月末までに完了する予定。株が多く残っている遊歩道入り口付近では、例年と同様に花を楽しめる可能性があり、自由に散策できる。
 問い合わせは伊豆白浜観光協会<電0558(22)5240>へ。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'