霜降 ススキの“海”、秋風に揺れ 東伊豆・細野高原

(2018/10/23 12:57)
見ごろを迎えたススキの草原=23日午前10時ごろ、東伊豆町稲取の細野高原

 23日は二十四節気の「霜降(そうこう)」。朝晩の気温が下がり、霜が降り始めるころとされる。静岡地方気象台によると、同日の最低気温は浜松市天竜区佐久間町で今季最低の8・2度を観測。三島市11・4度、静岡市駿河区13・1度、浜松市中区13・6度と、各地で10月下旬から11月上旬並みとなった。
 東伊豆町稲取の細野高原では、東京ドーム約26個分、125万平方メートルの草原に群生するススキが見ごろを迎えた。観光客が季節の風景を写真に収めながら、ススキの海原を散策している。
 同高原では11月9日まで「秋のススキイベント」(同町観光協会主催)を開いている。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'