全国一暑さ、静岡・清水区34.3度 10月の観測史上最高

(2018/10/7 22:51)
気温が上昇し水遊びを楽しむ親子=7日午後2時半、静岡市清水区横砂の清水清見潟公園

 7日の静岡県内は高気圧に覆われて気温が上昇し、各地で季節外れの真夏日になった。静岡市清水区では全国で最も高い34・3度を記録。同市駿河区は33・7度で全国2位の暑さだった。清水区など県内3地点で10月の観測史上最高を更新した。
 静岡地方気象台によると、台風25号から変わった温帯低気圧の影響で、南から暖かい空気が流れ込んだとみられる。10月の観測史上最高を記録したのは清水区のほか、32・1度の三島市と31・4度の東伊豆町稲取。県内12地点で最高気温が30度を超えた。
 清水区では上着を脱いだり、汗を拭ったりする人の姿が見られた。同区横砂の清水清見潟公園で、親子で水遊びを楽しんだ女性(同区)は「季節外れの暑さに驚いた。噴水で遊んで涼みたい」と笑顔で話した。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'