「五輪年賀はがき」発売 静岡県内郵便局

(2018/10/1 17:00)
東京五輪のマスコットをあしらった年賀はがきの販売ブース=1日午前9時10分ごろ、静岡市葵区の静岡中央郵便局

 日本郵便は1日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットをあしらった19年用年賀はがきを発売した。全3種類のはがきを計2万3千枚用意した静岡市葵区の静岡中央郵便局では、来場客が限定はがきを買い求めた。
 特設販売ブースに購入を希望する市民が列をつくった。切手収集が趣味という男性(74)=同市葵区=は「限定品なので初日に手に入れたかった。年賀状として使うほか手元にも残しておきたい」と話した。
 限定はがきのデザインは3種類。市松模様を背景に五輪の「ミライトワ」とパラリンピックの「ソメイティ」を大きく裏面に印刷したタイプは全国で100万枚用意し、静岡県内では同局のみで1万5千枚を取り扱う。ほかの2種類は五輪ロゴやマスコットを表や裏面に小さく記載した。全国でそれぞれ2020万枚を印刷し、県内各地の郵便局で販売する。
 限定はがきはいずれも1枚67円で、1枚につき5円が大会運営費として寄付される。通常の年賀はがきは11月1日に売り出す。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'