小学生がラグビー体験 講師に元日本代表、沼津で教室

(2018/10/1 07:23)
斉藤祐也さん(右)から指導を受ける小学生=30日午前、沼津市民体育館

 静岡県は30日、小学生を対象としたタグラグビー教室を沼津市民体育館で開いた。県内の小学生約30人が、ラグビーの魅力を体感した。
 ラグビー元日本代表選手の斉藤祐也さん(41)と守屋篤さん(36)が講師を務めた。タグラグビーは腰に付けたタグを取ることがタックルの代わりになるため、初心者にも親しみやすい。
 小学生は競技に慣れるため、ボールを真上に上げてキャッチする練習や、相手のタグを奪う練習に取り組んだ。斉藤さんは「キャッチする時は先に手を出す。広げすぎないで」とアドバイスした。最後には5チームに分かれてゲームを行った。
 沼津市が主催する「ぬまづ健康スポーツ祭」の一環で行われた。スラックラインやストラックアウトなどニュースポーツのほか、ボッチャなどの障害者スポーツ体験、体力測定などもあった。タグラグビー教室はこのほか、県内4カ所で開く予定。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'