輝く夕日“日本一” 西伊豆田子、写真愛好家ら魅了

(2018/9/29 07:31)
駿河湾に沈む夕日=28日午後5時25分ごろ、西伊豆町の大田子海岸

 西伊豆町田子の大田子海岸で“日本一”の夕日が観賞できる好シーズンを迎えている。
 赤く染まった太陽が駿河湾に沈むに連れて、沖の島や岩のシルエットが浮かび上がる幻想的な光景が特徴だ。日没が近づいた28日午後5時半ごろには、写真愛好家ら約80人が、夢中でカメラのシャッターを切っていた。
 同日の昼間は晴れていたが、夕方ごろになると徐々に厚い雲が増え始めた。案内をするボランティア団体によると、台風24号の接近に伴い波が高く、地元では悪天候の前兆とみられている北東からの風が吹いていたという。
 2005年に町が「夕陽日本一」を宣言した名スポット。田子島や「メガネッチョ」と呼ばれる奇岩の後ろに沈む夕日を眺められる。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'