「まる子」マンホール、JR清水駅前に設置 さくらさん寄贈

(2018/9/7 07:55)
「ちびまる子ちゃん」のマンホールふたを設置する職員=6日午後、JR清水駅江尻口

 静岡市は6日、清水区出身の漫画家さくらももこさんが8月に死去する前に描いて寄贈していた人気漫画「ちびまる子ちゃん」の下水道マンホールのふたをJR清水駅江尻口付近に設置した。
 マンホールのふたは直径63センチの歩道用で二つあり、さくらさんがそれぞれ異なるデザインを施した。市は一つをさくらさんの出身地で多くの市民や観光客の目に触れやすい場所に置くことにした。清水区に配したふたには、富士山と駿河湾、マグロを背景にまる子が描かれている。
 職員らによる作業に立ち会った田辺信宏市長は「地元のために寄せてくれた生前最後の作品。その思いに感謝し、さくらさんの業績を伝え続けるため活用していく」と語った。設置直後は作品を間近に記念撮影をする県内外から訪れたファンの姿が目立った。
 もう一つは7日、葵区伝馬町の新静岡セノバけやき口付近に設置する予定。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'