歴代出走バイク一堂 ヤマハ発、鈴鹿8耐4連覇 磐田

(2018/8/24 08:16)
展示中の鈴鹿8耐の優勝車両「YZF-R1」=23日午前、磐田市新貝のヤマハ発動機コミュニケーションプラザ

 ヤマハ発動機は26日まで、オートバイの鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)の4連覇達成を記念し、歴代優勝車両を磐田市新貝の同社コミュニケーションプラザで展示している。同社の大型バイク「YZF―R1」4台がそろい、注目を集めている。
 ヤマハ・ファクトリーレーシングチームは7月末に三重県の鈴鹿サーキットで行われた同レースを制した。大会4連覇は同社初で、同一チームでは鈴鹿8耐初の快挙という。
 2015~17年に出走した3台はヤマハブルーと呼ばれる深みのある青色の外観が特徴。今年の出走機は、20年前の同車種初代モデルに合わせた紅白のカラーリングが話題を呼んだ。
 家族で訪れた磐田市立磐田南小3年の男子児童は「マフラーが大きくて色もかっこいい。大人になったら乗ってみたい」と見入った。県内外のバイクファンの来場も多く、洗練されたデザインの名機を熱心にカメラで撮影していた。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'