宿泊予約8月11~14日に集中 静岡県内の観光地

(2018/8/4 07:22)
盆休みの宿泊予約状況(静岡県観光協会まとめ、7月30日現在)

 静岡県観光協会は3日、お盆休み期間(8月10~19日の10日間)の県内主要観光地29地域の宿泊予約状況を発表した。予約率が90%以上の日が全体の半数を占め、特に11~14日の前半に予約が集中している。
 7月30日現在の状況を調査した。予約率が90%以上の宿泊日の割合は51%で、前年(5~16日の12日間)との比較では16ポイント上回った。好調な地域は、静岡・梅ケ島が10日間と最多で、下田、伊豆・中伊豆、浜松・舞阪が9日間と続いた。
 各地の観光協会への聞き取りによると、合宿や花火、スポーツイベントなどへの参加に伴う滞在が目立つという。一方で、豪雨被害の西日本からの利用者減少やキャンセルを受けたとの声もあった。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'