眼下に光の輪 富士山9合目から狩野川花火

(2018/8/1 12:41)
富士宮口9合目の万年雪山荘から見えた狩野川花火大会と沼津市内の夜景=7月31日夜

 富士山富士宮口9合目の万年雪山荘前から31日夜、沼津市の夏の風物詩、狩野川花火大会が観賞できた。標高3460メートルの「特別席」から望む花火は、沼津市の夜景の中に音もなく色とりどりの小さな光の輪を広げた。
 雲が消えた夜空には、15年ぶりの近さまで地球に「大接近」した火星をはじめ、金星など太陽系の星々がきらめき、下界の花火とともに光のショーを演出した。
 花火大会が始まって間もない午後7時半ごろ、万年雪山荘に掛けられた温度計の気温は8度を示していた。その後もさらに気温は下がり、花火を見下ろしていた登山者たちは「寒さに震えながら花火を見られるなんて」と笑い合った。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'