御来光、笑顔輝く富士山頂

(2018/8/1 12:27)
雲海から顔を出した御来光=1日午前5時6分、富士山須走口付近

 夏山登山の最盛期を迎えた富士山は1日早朝、晴天に恵まれ、御来光が見られた。荘厳なオレンジ色の光が山頂に集った登山者を照らし、辺りは幻想的な雰囲気に包まれた。
 未明から各登山道を進んできた登山者が続々と山頂に到着。肌を刺すような冷気に身を縮めながら、日の出を待った。須走口付近では午前4時50分ごろ、水平線まで広がる雲海から太陽が顔を出し、徐々に輝きと暖かさを増した。登山者は歓喜の声を上げ、自然の織りなす一瞬をとどめようと一斉にカメラのシャッターを切った。
 友人と3人で初めて登頂したという男性(62)=岡山市=は「ダイナミックなパノラマで素晴らしい光景。今度は家族と来たい」と喜んだ。

「静岡暮らし・話題」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'