報酬目当て再合流か 28歳男、殺害時カフェに 浜松・女性遺棄

(2018/9/8 07:16)

 浜松市浜北区の看護師女性(29)が市内で車ごと拉致された後、殺害され、藤枝市の山中で遺体で見つかった事件で、殺人容疑で再逮捕された住所不定、無職の男(28)=営利目的略取などの罪で起訴=が、女性が殺害されたとみられる時間帯に浜松市内のインターネットカフェなどに滞在していたことが7日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、28歳の男は女性が殺害、遺棄された後、三重県桑名市で名古屋市天白区原、無職の男(43)=殺人の疑いで再逮捕=、住所、職業不詳の男(39)=事件後に自殺=両容疑者と一緒にいる姿が防犯カメラの映像で確認されている。28歳の男は金に困っていたといい、浜松東署捜査本部は28歳の男が女性を拉致した後にいったん車から降りたものの、報酬目当てで再び合流したとみて調べている。
 捜査関係者によると、28歳の男は当初、殺害に関する指示を受け「怖くなって途中で車を降りた」などと供述していたが、再逮捕後は黙秘に転じているという。捜査本部は28歳の男が殺害の実行行為には関わっていないものの、事前に殺害計画を知りながら2人と行動を続けたことから、共謀が成立すると判断した。
 女性が連れ去られたのは5月26日午後6時すぎ。捜査関係者によると、28歳の男は27日未明に浜松市内で43歳の男と入れ替わりで車を降りた。女性は27日朝ごろ、43歳の男、39歳の男が静岡市から藤枝市に移動する途中に車内で殺害されたとみられる。
 捜査本部は遺体遺棄後に28歳の男が浜松市内で2人と再合流し、車を捨てるため桑名市に向かったとみている。

「静岡社会」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'