<スルガ銀>企業風土・文化の問題 有国新社長一問一答

(2018/9/8 06:56)

 スルガ銀行の新社長に就任した有国三知男氏の会見での主な一問一答は次の通り。
 -不正融資の原因をどう考えるか。
 「過大な営業目標達成というプレッシャーがあった。岡野喜之助副社長(故人)らが主導的役割を果たしたのは事実だが、個人ではなく企業風土・文化の問題に帰着する」
 -辞任した岡野光喜会長の説明責任は。株主としての影響は。
 「本日(7日)付で全ての役職を辞し、今後は法的責任を判断する取締役等責任調査委員会の調査を受ける。株式については前会長が考えること」
 -今後の体制は。
 「銀行の社会的使命に立って社員教育を徹底する。トップダウン的な企業文化から決別し、新しいスルガ銀行の姿を見せたい」
 -シェアハウスオーナーへの対応は。
 「元本を減免する可能性はある。個別の交渉で対応する」
 -経営への影響は。
 「単体自己資本比率は12・14%で健全。他の金融機関との提携などは考えていない」

「静岡社会」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'