台風21号、静岡県内に接近 各地で朝から強い雨

(2018/9/4 13:54)
台風21号の接近で強まる雨の中、通勤や通学をする人たち=4日午前8時2分、静岡市葵区

 非常に強い台風21号は勢力を維持したまま静岡県に接近し、県内では4日朝から各地で局地的に強い雨が降った。磐田市は同日午前、市内全域の約6万7千世帯、約17万人を対象に避難準備・高齢者等避難開始を発令。島田市も約2200世帯、約5800人を対象に発令した。浜松市は市内の小中学校など58カ所に緊急避難場所を開設し、早めの自主避難を促した。
 静岡市葵区では午前8時ごろ、傘を手に足元に気を付けながら職場や学校に向かう人たちの姿が見られた。静岡地方気象台は同日、県内の沿岸部に波浪警報、中部南と遠州南に暴風警報、浜松市や静岡市南部などに大雨警報を発令。中部や西部、伊豆には竜巻注意情報を出し、突風などへの注意を呼び掛けた。
 気象台によると、5日正午までの県内の24時間予想雨量は、多い地域で東部と中部、西部で500ミリ、伊豆300ミリ。局地的には雷を伴い、1時間に70~90ミリの猛烈な雨が降る可能性もある。
 4日の最大風速は中部と西部で20メートル、伊豆18メートル、東部12メートル、最大瞬間風速は中部と西部で35メートル、伊豆30メートル、東部25メートルと予想される。海上はうねりを伴い大しけとなり、波の高さは中部と西部で10メートル、伊豆8メートル、東部7メートルに達するとされる。
 台風は4日昼すぎから夕方にかけて本県に最接近する見通し。台風は速度を上げながら北上を続けるため、急に風雨が強まり、波も高くなる恐れがある。大気の状態は非常に不安定となる見込みで、静岡地方気象台は高波や暴風、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水などへの警戒を呼び掛けている。

「静岡社会」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'