北海道地震、死者39人不明1人 避難2500人、断水は8千戸

(2018/9/9 23:06)
北海道厚真町富里地区の土砂崩れ現場で作業する自衛隊員=9日午前

 最大震度7を観測した北海道の地震で、道は9日、新たに4人の死亡が確認され、死者は39人になったと発表した。大規模な土砂災害があった厚真町で依然1人の安否が不明で、道警や自衛隊が7千人以上の態勢で捜索するとともに被災者の支援を続けた。道によると、同日午後10時現在で避難者は約2500人、断水は約8千戸。
 北海道の高橋はるみ知事は9日夜、地震による大規模な停電を踏まえ「北海道が一丸となって(平常時よりも)2割の節電に取り組まなければならない」と述べ、道民や企業に協力を求めた。
 北海道電力は、地震前の需要ピーク時に電力供給力が追いついていないとしている。

「全国社会」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'