磐田にパン専門店 地場産品活用、地域連携展開へ

(2018/9/5 08:05)
地場産品を使ったパンがそろう「トラスパレンテ」店内=磐田市中泉

 磐田市のJR磐田駅北口商店街ジュビロードの旧市役所事務所跡地に、首都圏でパン専門店を展開する「トラスパレンテ」(東京都)が新店舗を出店し、4日に内覧会を開いた。地場産品の活用など地域連携活動を展開予定で、市や地元商業者は「中心市街地のにぎわい創出につながる」と期待する。
 同社は昨年に市の公募に応じて事業提案し、進出が決まった。県内初出店でスタッフは地元採用した。地域の交流の場になるよう、店の前にテラス席を設置した。市民向けのパン教室も12月から始める予定。
 内覧会には市や商工団体などの関係者が集まり、磐田産シラスのピザなどを味わった。森直史社長は、軽トラ市など商店街のイベントに参加する意向を示し、「地元に根差した店にしたい。エビイモやメロンなど地域の魅力的な食材を使っていきたい」と話した。
 8日午前9時にオープンし、野菜や果物を使ったパンやサンドイッチ、パニーニなど約100種類を販売する。9月下旬から開店を午前7時半に早める。場所は商店街の中間地点。火曜定休。

「西部トピックス」この他の記事

> 一覧

  • 静岡購読お申し込みは 0120-89-4311

  • 静岡新聞データベース

ニュース記事アクセスランキング

    ニュース特集アクセスランキング

      • スクープ投稿

      • こち高

      • 静岡購読NIE

      • 静岡新聞の本

      カテゴリー'